【レーシック知識】最新老眼治療のモノビジョンレーシック

老眼鏡は「遠近両用メガネ」とも呼ばれているように、遠いところと近いところ両方見えるようにするためのメガネです。
モノビジョンレーシックはそれと同じ効果を人工的に手術によって実現することが出来るのです。 視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。
最近一定の効果を期待することの出来る最新技術のレーシックが登場し、非常に注目を集めています。
それがモノビジョンレーシックと呼ばれるもので、遠くと近くが見える目を矯正するレーシックの種類となります。

 

モノビジョンレーシックを行うことで、貴方の生活環境が大きく変わることでしょう。
メガネもコンタクトレンズも必要の無い、自然体な裸眼での生活はきっと幸せを感じることでしょう。



【レーシック知識】最新老眼治療のモノビジョンレーシックブログ:20220629

一週間位前、
自宅で読書をしていたら、
何やら玄関の辺りで、かすかな物音がしました。

あれ?女の子はバイトだし、
息子もさっき出かけたはずだけど…

部屋を出て玄関の様子をうかがうと、
玄関に見慣れぬ草履を発見!!!
発見すると同時に、恐怖に襲われました。

わたくしはかなりの田舎に住んでおりました。
わたくしの実家など、ほとんど無防備状態。
ですが、田舎ですので、見知らぬ人が道を歩いていると、
みんなが警戒をするので、泥棒騒ぎなどあったことがありません。

そんな田舎で育ったものですから、
現在も出かけるときは、戸締りをしっかりしますが、
在宅中、わたくしは鍵をかけないことが多いのです。

玄関に置かれている見慣れぬ草履を見ながら、
恐ろしさのあまり…

「女の子の友人が我が家に忘れ物をして、取りに来ているのだ」
などと、わけのわからないストーリーを作って、
自分を落ち着かせようとしておりましたが、やはり、どう考えても…

女の子の友人と言えども、他人様の家に上がるのに、
無言で入ってくるはずはない…ってことは…
やはり泥棒?

「誰かいるの?」と声をかけながら2階に上がろうとした瞬間、
電話が鳴りました。
とりあえず電話に出てみた…

その時にわたくしが思っていたのは…
もしも、泥棒だったとしても、
わたくしがこうして電話しているということは、わたくしに襲いかかっても、
電話の相手が異変を感じて助けを呼んでくれるだろう…ということ。

その時、
ドドドッッッ!!
と2階から誰かが、駆け下りてくるすごい音がして、
その後バタンッ!と、玄関のドアが閉まる音がしました。

やはり、泥棒だったようで、
誰もいないと思って侵入したら、
わたくしが居たので、慌てて逃げ出したようなのです。

じゃんじゃん